92.4%

戯言。思ったことを書き留めたい。ユキチの備忘録。

僕と母のお引っ越し戦争 第3話

http://andohykc.hatenablog.com/entry/2017/07/29/000020

1

http://andohykc.hatenablog.com/entry/2017/07/29/001201

2


さて。やることがなくなったので

また更新しようとおもう。


証拠取り押さえ発言から実は二週間くらいロクに口を聞いていなかった父と俺氏。

その頃にはもう家を出るという意志は完全に固まっていた。

友人に、父と喧嘩した旨を伝えると、仲直りしたら一番なんだけどなぁと言っていた。

ほどなくして少しずつ僕と父はコミュニケーションをとるようにはなったが、はっきり言って僕は父を許してなどいなかったわけで。


七月某日。昼間。

一階の書斎にいる父に一枚の紙切れを差し出した。


「私この家出て、このマンションで一人暮らししようと思う。名前サインお願いします。」


父は苦笑いした。そのとき最悪なタイミングで母が書斎にあらわれたもんだから、父は苦笑いしながら母に書類を手渡した。


個人的には全部全部決まって取り返しつかんとこまでやったら全部話そうと思っていたのに、この親父何やってんだという殺意でいっぱいだった。


母は口を開いた。


「マンションに住むくらいなら、うちの両親が前住んでた家に住みなよ」


その発言がすべてのはじまりだった。


僕と母のお引っ越し戦争 第2話

http://andohykc.hatenablog.com/entry/2017/07/29/000020

第1話はこちらから


まぁそのあとすこし思いとどまり、家に現在進行系ですんではいるけど、

私と家族とは考え方に差異がありすぎてはっきり言って今でも窮屈だ。

挙げれば色々あるけど。


家族と離れて住もうと再び思ったのは二ヶ月くらい前。

基本的に僕は僕のペースで生活したいのだが

家族はそうさせてくれなかった。

相変わらず疲れすぎると布団から起き上がれなくて、な状態だった。

お昼ご飯に家族の食卓にいこうとしても、無理な状態だった。父がきた。言い合いになった。

私は暴力をふるわれた。

「扇風機を投げたことも鏡投げたことも暴力をふるったことも全部全部全部証拠として残している。事実がなくなるとおもうな」蹴られたあと、私は父にそう言ったのを覚えている。


そしてそれと同時に、こうも思った。


家主の意向に私は従えないからこの家から出ていこう。と


この一連がきっかけで全てがはじまったといっても過言じゃない

僕と母のお引っ越し戦争 第1話

自室となる予定の部屋を女の子らしい部屋にしようとした結果こうなった

f:id:andohykc:20170728234521j:plain


後悔はしていない( ✌︎'ω')✌︎


さて。

今はマジでむかっ腹やばいので

何故わたしが一人暮らしをするのか

ひたすらブログで自分語りを始めようとおもう。


さかのぼること①年前。


当時求職中だった僕。若干鬱気味になりかけていて起き上がるのが辛い時期だったとおもう。

うちの家ではご飯は食卓に集まってみんなで食べるのが習慣なんだ。(個人的には大の大人数人でぎゅうぎゅう詰めでご飯食べるのが苦手…)

それで僕は起き上がれなかったので後で食べるよっつったんだ、家族に。

すると食卓にいた父がわたしの部屋にきて、突然怒って近くで起き上がれなかった私にむかって扇風機を投げたのだ。

なんでも、ご飯の時間にけーへんやつが悪い。だから扇風機を投げたと言っているが理屈がおかしい。

そもそも私が起き上がれなかったのは鬱気味だったのもあったが発達障害の特性で疲れすぎて起きれなかったのに。そもそも発達障害を父に言ったはずやのに。(全否定された瞬間から私の中で父は家族のなかで最も他人に近い存在となってしまったわけやけど。)


父が物を投げるのはまああることだ。


昔は働いてないくせにぐーたらすんなって理由で鏡投げられたし、働いても家事できてなかったって理由で扇風機をなげられたし、要するに自分が気に入らないと思い通りにならないと彼奴は実の子に暴力を振るうのである。


働き始めた当初はこんな家出てやるわという一心で一時期三つくらい掛け持ちしてた時期もあった。はやく家族と離れたかったから。

僕と母のお引越し戦争

わりといまもつづいてる(๑╹ω╹๑ )


相手国にどう対応すればいいのか模索しながら一人暮らしの準備を着々とやる俺氏だった。


(詳しいことは特に書かないし気が向いたら長文で書く!w)


f:id:andohykc:20170721085938p:plain


今日はまだ涼しかったらいいなぁ

7/11 雑記+LGBTへの考え方

うちの職場、コンスタントに応募してくださる方がいて嬉しみ(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

人はたくさんいると凄く助かる!

ただ、ズーっと暑いし外回り死にそうだなぁと思いながら約一年デリで働いております笑

一応僕は生物学上は女。

日焼けは気にした方がいいと思ってるので

日焼けだけは少しでもふせぐように常に長袖。


死ぬぞ?


という目をされようが、僕は気にしない٩( ᐛ )و


職場でもそぉやけど、

暑すぎて家族も友達も職場の人もみんな

メンタルつらそうだ…

わたしも暑すぎてメンタルつらい。

しかしそれ以上に!!

身体のほうがもたねえ…_:(´ཀ`」 ∠):

最近こんな感じです。


すこーし話は変わる。

否、かわりまくる。


ついにうちの県がLGBTイベントレインボーフェスタをやるようですね。

大好きで大好きなアイドルさまが来られるんだけど、色々思うところがあり複雑…

2年越しの負の感情。

わたしはそもそもLGBTセクシュアルマイノリティに愛があるのかはわからない。

時々主宰している今でもわかってない。


そもそもわたしは世の中を変えたくてLGBT活動をやっていたわけじゃない。


LGBTセクシュアルマイノリティは今多くの方々にどのような認識をもたれているのか、今の時代を見るため という理由が大半でやっている。


世の中なんて、自分が変えようとしなくたって、自然と流動するものだ。

自分の好きだと思うことをしたらいつの間にか周りもそんな風になっていた、くらいの認識でいいんじゃないだろうか。と、思う。


ところがだ。


活動家…ゲイリブと呼ばれる方々の大体ってそんな認識で活動していないことに実は非常に絶望している。


わかってほしい、差別しないでほしい、認めてほしい、謝ってほしい、可視化してほしい


色んな悲しみをよく目にする

痛いくらいに気持ちをかんじる。


だから活動しているんだろうなぁ、知ってほしいんだろうなと思うんだが、


それを差し引いても、それでもわたしは

それに対し、非当事者の中にある抵抗ある感情や、嫌だという感情をないがしろにしたくない。

主張をすることばかりが、正義じゃないと私は考える。色んな人の考えを聞くのが好きな私だからこそ、おもうんだろうけど。

そもそもLGBTだけが、

そもそもセクシュアルマイノリティだけが

当事者のアイデンティティじゃないはずだ

LGBTだけが全てじゃないでしょう、

LGBTを認めてもらえなかっただけで、

自分を全否定された、傷つけられたって

思い込むのはやめようぜ。

他人の内包しているものを無理やり変えようとするのをやめようぜ?

どこかで折り合いつけて、落とし所をみつけて、LGBT以外のアイデンティティを確立した自分でいたほうがいい。

たとえ、LGBTを理由に否定的な態度をとる少数派が仮にいたとしても。

なんか珍しい反応するやつに出くわしたなぁ。くらいの認識でいたほうが気が楽になるんだよ。


いつかできるなら私は

被害者意識でもなく、当事者意識でもなく、ましてや自分らしさ(笑)を履き違えた勘違い(爆笑)でもなく。

LGBTセクシュアルマイノリティ当事者に向けて、啓発啓蒙をしていけたらと思う。

ただ、私なりの100パーセントが確立してからの話だから、多分実現するのはまだまだ先になるかもしれないが。


私の気持ちを全員にわかってもらいたいわけじゃないけど、こう考えてる人間もいるんだなって、心の隅に置いてくれたらと、思う。



しかし部屋暑いな…(ぼやき

魔法使いの弟子

f:id:andohykc:20170701093029j:plainf:id:andohykc:20170701093040j:plain


アストライア(青)とベニーちゃんの話。


魔法使いの弟子自体は2014年に出来た物語。

魔法使いの弟子とはどんな話かを説明すると

空想世界からくりタウンを舞台に、一流の立派なプロ魔法使いを目指すベニー(Xジェンダー)とその周りの方々が織りなすちょっぴり百合百合なコメディ、という設定なのです。


魔法使いの弟子は8割くらい実在する人物がモデルだったりするんですよね。

(まるでちび◉こちゃんみたいだけど…)


からくりタウンの外観は

牧場物語ワンダフルライフの忘れ谷に限りなく近いと思って頂ければと思います。

ルミ●の屋敷に魔法学校の校舎が立ってるくらいの認識だと。


で、空想世界のテーマが、多様なジェンダーアイデンティティと、各々の個性を尊重することと、誰も不幸にならないように仕組まれた環境。つまりわたしの理想とするわたしのための世界。


空想世界は魔法使いを育成する学校が存在するんだが、魔法使いは発達障害や芸術家の比喩だったりします。どちらにも共通するのはなかなか世の中に馴染みにくい方々だってこと。そういう人たちでも特技や高い技術を持ってる方は比較的多くて、魔法使いとしての能力も高いのです。


空想世界は魔法使いになりたい人もいるけど、それと同時に、魔法使いの道を選ばずにお店を経営している人も多いのです。

牧場主、道具屋、酒場、個人商店、色んな職業のひとがいて、色んな人たちがいるからこそ住人たちの生活は成り立つ。


月一27日はカラフルなお祭りがあります。

様々な個性たちを尊重することを祝うお祭りです。からくりフェスティバルです。

魔法使い、スクールアイドル、芸術家、商売人たち、神様などのからふるなパレードはからくりタウンの名物です。楽しい音楽にあわせて各々の主義主張を楽しく示せるお祭りです。


目立って大きな事件はないし、華やかでもない。楽しくて優しくて、お互いを尊重できる町。それが魔法使いの弟子なのです

7/1 コイキング41匹目

トレーナーレベル35

コイキング41匹目。

まー、、、しかしまだまだやり込めきれてない!もっともっとやりこみたい。


明日雨かぁ。

テルテル坊主さんたくさん作りたいなぁ。

f:id:andohykc:20170701005704j:plain


あー昨日はこんなに晴れてたのに!

雨の日の配達ほど憂鬱なものはないわ!

泣ける( ◠‿◠ )